男女のペアリング

カップル

現実的な価格で考える

プロポーズしてから女性にプレゼントするのが婚約指輪で、結婚式の儀式でお互いの指にはめるのが結婚指輪です。婚約指輪が女性のみに手渡すものに対し、結婚指輪は男女がお互いの絆を確かめ合うためのペアリングとなります。両親の指を見たことがあればわかりますが、結婚指輪は生涯を二人で歩むことを誓った証ということで、一生指にはめたまま過ごすことになります。非常に大切なものなので、ふたりでお気に入りを選んでおきたいところです。いざ結婚指輪を購入しようとしても、相場がわからず選ぶのが困難であったり、デザインにこだわりすぎて高くなってしまうという問題があります。あらかじめ予算を決めておけば、そこまで悩むことはないのですが、一生物なので相場を知ってから決めたいところでしょう。婚約指輪は給料の3ヶ月分などと呼ばれますが、結婚指輪ではそういった話はありません。日常的に指につけておくものなので派手なデザインなどはなく、落ち着いたシンプルなものを選択します。一部ではデザインにこだわったり、軽く宝石をあしらったタイプを選択して30〜50万円の指輪を購入する人もいます。しかし、やはり購入者は少ないようで、過半数の人は男女ともに10〜15万円程度のもので抑えています。デザインバリエーションは豊富ですが、使用頻度の高さから紛失のリスクがあるため、万が一を考えてシンプルなものを選び、現実的な価格で購入する人が多いようです。